アニメ・ゲームが多いです。リンクフリー&コメント歓迎します♪

アイリのファンタジー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --年--月--日 --:-- |
  2. スポンサー広告

今、感情がとまりません・・・

約9年前の片想いです。マルについて・・以上

これだけは当時の知り合いに伝えなきゃ気が済みません。
コメントなんかいらない、ただ当時の友人達には知っておいて欲しい・・・

「まだひきずってるのか?」と言われそうですが、みんなには伝えたい!それだけ・・・
うろ覚えだからまちがってる部分もあるだろうけど、あのときの感情を知ってほしい。
17歳の時コスプレダンスパーティーに初めて行った時のことです。
コスプレ仲間と一緒にイベントにいったのですが、ダンパ初経験なので好奇心と不安で緊張していました。

そんななかとある少女に出会いました。名前はマル(仮名)初めて会ったときは頭が一瞬スローモーションになったような、頭をハンマーで殴られたような・・・当時はそれがなんなのかわからずとまどっているだけでしたが・・・。

その女の子は明るくハキハキしてて天真爛漫という言葉がピッタリくる2才年下の女の子でした。髪は長くポニーテール、笑顔がとてもキレイでその笑顔に心が惹かれ始めました。

わたしとマルの関係はただのイベント友達でしかなく、親しい関係でもなかったのでイベントでしか会えません。

[マルの笑顔が見たい]いつしかそう思いナンパ師をきどりクサイセリフや馬鹿話ばっかりをしていました・・・心の中では日々大きくなっていく「大好き」の言葉が口にすると希薄で意味のない[ナンパ師のくだらないジョーク]に変わっていくのが悲しかった・・・

しかしそんな楽しい日々も長く続かなかった。いつも一緒だったメンバーにマルがいなくなった・・・
イベントでは会える、でもわたしはそれじゃ満足できない。朝の「おはよう」と夜の別れ際に「バイバイ」、寝ぼすけで遅刻してきて「ごめ~ん」がかわいらしくとても好きだったのに・・・。
マルがメンバーからいなくなった理由は、わたしたちのイベント仲間のリーダーエララさん(仮名)とマルが同じ人を好きになってしまい、マルとその男性が付き合い始めたからだという・・・
わたしはこのエララさんを心底憎んだ!だからエララさんの目の前でそ知らぬ顔してマルと話したり、うちあげでわざとマルの話を出したり・・・

わたしは行き場のない感情をどこにぶつけたらいいかわからなかったけど、そんな時に「わたしのことが好き」そう言ってくれるミサ(仮名)という女の子がいて、付き合うことに。
彼女はメガネがかわいくてドジでおっちょこちょいで見ててたのしかった。手をつないだり、自転車の後ろに載せて桜並木をくだっていったり・・・
でも彼女はわたしを好きなのでなく、わたしの理想というかイメージを好きだったらしい・・・。彼女にしてみたらマルのことしか見てないわたしに幻滅したのかもしれない・・・あとで知ったのだけど、ミサは計算高くてわたしと付き合ってるあいだにわたしの親友とキスしたり、わたしと別れた後もわたしの仲の良い先輩とつきあってその間に先輩の友達と・・・(これはその先輩からメールとか見せてもらって確証アリw

そんなモンモンとした日々を送っていたら、マルたちとカラオケに行くことになり、すごくうれしかった。
早くあがることになったのでマルが「三ツ境でジョナろう(だべろうの意味)」と言った・・・
もちろんわたしは「行く!行く!」と大乗り気だったがみんなは乗り気じゃなかった。解散になったので別れ際にわたしはマルにプレゼントをあげた。「なに~?」と聞かれたが「さあ?」とはぐらせたけど、中身は[18金のブレスレット]だった。

で、仲間と帰ろうとしたら「三ツ境いかないの?」と言う・・。そう、わたしに気を利かせてくれたのだ。まだミサと付き合っていたのを知っていたけど、わたしのマルへの想いが揺るぎないのをさとったのだろうか?
仲間の配慮がうれしくてわたしは喜んで彼女を追った・・・が、帰宅ラッシュに巻き込まれ前に進めなくて無常にも電車は目の前で行ってしまったorz
三ツ境につきジョナサンに行ったが彼女はいなかった(T_T

一ヵ月後、友達が「椎名へきるのチケット余ってるんだけど一緒にいかね?」と聞いてきたので行く事に。で中野サンプラザにいったのですがコンサート初めてなので人の多さにビックリ!!
2階から入り口を眺め「この中にマルがいたらいいのに・・・」とつぶやいたらいました!!!!
「マル!マル!」と2階から叫ぶと彼女も気づき手をふってくれました。これはきっと運命だ!と納得させたのですが・・・
まあ、運命ってそんな簡単ではなかったようで相手には彼氏いたっぽ(><

そんななか親友のトラ(仮名)から嫌な話を聞いた。「マルの彼氏は全部イベント主催者でワガママ通らないとすぐ別れる」や「ネットでも名前載ってるみたい」と・・・。
信じられなかったし、信じたくなかった。

で、マルに真相聞きたかったし近づきたかった・・・
マルがイベントのスタッフしてるのは知ってたので、トラに「スタッフってなにやるの?スタッフならマルと会う機会増えるし・・・」と相談してみたところ「やってみる?」とスタッフの仕事を紹介された。これがね~トラがいいヤツで・・・。このイベントの主催者が以前マルとエララさんが好きになった男性だったのだw

イベントに主催者として行ったとき、エララさんがきて「ちょっと話が」と言われ聞いてみたら「ミサちゃんから泣きそうなメールきてるんだけど?あんたいいかげんな事してるとはっ倒すわよ!」と言われた。
実はミサは根回しがよくエララさんに気にいられていた・・・このときミサとは別れて2ヶ月たっていたんだけど、表向きわたしが「マルのことあきらめられないから」振ったということにしてあった。
ほんとは向こうの素行に問題があったからなんだけど、この人がソレを知ってるはずがなくミサは別れたことを言ってなかったらしい・・・
ミサにしたら仕返しのつもりだったんだろう・・・だってこのときエララさんがマルのこと嫌いなの知ってるもの(T_T
で、この瞬間わたしは[エララさんは敵だ!]と認識した。もういい、この人にいくら嫌われてもかまわない・・・と


休憩時間になり主催者さんが「話がある」と声をかけてくれた。このとき主催者さんはエララさんと付き合っており、「ちょうど2人のことが聞ける」わたしとしては願ってもない機会。
で、わたしはミサの話を。主催者さんはマルとエララさんのことを。
結果「お互い苦労するなw」と意気投合してしまったw
帰り道に信じられないものを電車で見た。主催者さんたちと帰ったのだけど、男嫌いで有名なエララさんが主催者さんにピッタリと寄り添っていたのだ。
わたしはそんなエララさんを見てついうれしくなった。

マルの噂の真相がほんとうだと聞けたし、あきらめて就職したばかりのころ、「ジレンマ(サーフィス)」という名前の曲が有線で流れていた。まるで歌詞が自分の事のようにしか聴こえない・・・
マルをあきらめたころの自分にはなにも情熱がなかった・・・。ただ日々を過ごしていくだけ。マルの事を想っていたときは毎日幸せだった。
辛いときはマルの笑顔を思い出すと心があったかくなっていた。
街中でかわいいものみつけては彼女はこういうの好きなんだろうか?そう考えるくらいにわたしの心はマルでいっぱいだった。

もういてもたってもいられずマルに電話で告白した!かなり支離滅裂なことを言葉にしたと思う。伝えたい気持ちの半分も言えなかったけど、それでもよかった。自分の溜まった感情をかくしたまま冷めた顔で生きていくよりは、たとえ無様でもこの感情を吐き出したかった・・・

結局三年間に及ぶ恋は三度告白し、ことごとく振られた・・・

当時の人に言っておきたい、わたしはあの時初めて本気で女性を好きになったのだ、と。だから他人の声など気にしなかったし、わたしにとってすべての障害は砥石に過ぎないと思っていた。

今はたくさん迷惑かけて申し訳ないと思う。と同時にわたしのことを親身になって接してくれた友人たちに感謝したい!
大好きだ!みんな。わたしはみんなが幸せになってくれるのを願っている。夢に挫折しかかったなら、わたしが殴ってでも夢見る素晴らしさを思い出させてやる!恋に破れたなら一晩中一緒にいて励ましたり、愚痴聞いたりしてやる!だから決して自分を嫌いにならないで!
スポンサーサイト
  1. 2005年11月10日 15:44 |
  2. 管理人について
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

コメント

・・・イキナリどしたi-198

なんかあったんかi-201


もう9年前なんだね・・・。
年取る筈だ・・・i-195


  1. 2005/11/12(土) 11:59:40 |
  2. URL |
  3. TORA #-
  4. [ 編集 ]

もう一度あの頃にもどりたい

ただそれだけだよ。親の八つ当たりとかきつかったけど、一番充実してたと思う。
むしろエララ(仮名)さんに読ませたかった^^
今だからこそ言える感情や想いがある。ミサ(仮名)のひどいおこないとかさw
まあ、気が付いたらミサがマルと仲良くなってたけど^^;;
三年前かな?いきなりマルと一緒にコスで写ってる写メ送ってきて「明日三人でカラオケいこう」と言われたときはびびったよ。もちろん当日にドタキャンされ、電話や文句すら無視された・・・たぶん計画的犯行だけどね・・・w

まあ、純粋に恋がしたいなぁ。どっかに透くんみたいな子いないかなーw
  1. 2005/11/12(土) 20:23:38 |
  2. URL |
  3. AIRI #oyrireJc
  4. [ 編集 ]

いや別にいいんだけど。ヒトツだけ誤解があるので訂正ね。

わたしが彼と付き合い始めたのは、マルっこが彼と別れて別の主催と付き合い始めてから。
加えてそうしようと言ったのはワタシじゃなくって彼の方、とだけ。

人間的にできてる人だとは思っては居ないけど、わたしは今でも決してマルはキライじゃないし、グループから外したツモリも全然ナイヨ?
来なくなったのは勝手で、わざわざそこを無理につれてこようとはオモワナカッタけどね~。

まあ、夢はもう見ないし。あの時は自分的にはどうかしてたとは思うし。世紀末ってコワイネ!
  1. 2005/11/16(水) 20:06:18 |
  2. URL |
  3. エララ #B6pUstus
  4. [ 編集 ]

すいません

自分主観でしか書いてないもので。世紀末って怖いですね、あのころは「世界中が敵にまわっても俺だけは味方だ!」って勢いあったし^^;;

むしろエララさんに夢みせてあげたいですねw
まあ、わたしはお金貯めなきゃ学校いけないんですが…(T-T)
  1. 2005/11/16(水) 20:54:38 |
  2. URL |
  3. AIRI #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://fureiyanoairi.blog33.fc2.com/tb.php/13-5965ea9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
PSO2ブログ巡回屋 にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。