アニメ・ゲームが多いです。リンクフリー&コメント歓迎します♪

アイリのファンタジー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --年--月--日 --:-- |
  2. スポンサー広告

【東方】―you―Requiem Eternam【手描き】


ひぐらしのなく頃にから曲名‘you‘
紅魔館メンバーで唯一の人間、十六夜咲夜がいつか必ず訪れる運命・・・
永夜でのやりとりでは

レミリア  「そう、咲夜も不老不死になってみない?

レミリア  「そうすればずっと一緒に居られるよ。

咲夜  「私は一生死ぬ人間ですよ。

咲夜  「大丈夫、生きている間は一緒に居ますから。

咲夜さんはレミリアが自らの吸血鬼という種族に誇りを持っているように、‘永遠に幼き月‘に従う人間として誇りを持っているのだろう。レミリアがこういうことを冗談で言うとは思えないので「ずっと一緒にいてほしい存在」として咲夜を認めているし、咲夜がレミリアという吸血種を誇りに思っているからこそそれに甘んじないことは了解していたんだろう。

っていうか咲夜さんが不老不死になったら輝夜やえーりんがとかメッチャうるさそうだし(「卑しい人間風情が吸血鬼になってまで生き永らえたいか?」とか平気で言うだろ)そうするとレミリアの名に傷がつくものね・・・

まぁぶっちゃけそういう選択肢は東方で出てはいけない。じゃないと
・妖々夢における幽々子様と紫の関係

・妹紅の輝夜への怒りと共感

・パルスィの生い立ち

etcetc・・・

こういったものが台無しになってしまう。永く抱いた感情や想いは自分を縛りつける鎖にもなる。だけど弾幕ごっこをすることで、お互いの存在をぶつけ合い相手を理解することができる。お互い殺しあってきたもの同士ですら親愛の情をかすかに抱ける・・・そういった美しさが儚くも美しき幻想郷だとわたしは思う。

運命を操れるレミリアにとって人間の寿命がどのくらいかわからないはずがない。
咲夜さんは例えレミリアにとって短い時間であっても傍に居たいと想い、レミリアは親愛の情を持って咲夜に傍にいること許している。
そこには他者では推し量れない固い絆があるんだろう。
スポンサーサイト

テーマ:東方プロジェクト - ジャンル:ゲーム

  1. 2009年10月23日 04:29 |
  2. ニコニコ動画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://fureiyanoairi.blog33.fc2.com/tb.php/492-0240a6ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
PSO2ブログ巡回屋 にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。