アニメ・ゲームが多いです。リンクフリー&コメント歓迎します♪

アイリのファンタジー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --年--月--日 --:-- |
  2. スポンサー広告

友人の弟さんの声

わたくし、AIRIの実体験です。
オカルト系としての恐怖はありませんが精神的にキツいかもしれません。興味がある方だけ読んでください。

登場人物
Oさん:高校の4個上の先輩
-----------------------------------------------------------
わたしには4個年上の高校の先輩がいます。前に日記で出てきたOさんというステキ属性の女性です。美人で気が利き、毒舌家で超男嫌い。歌がうまくコスプレやドールの衣装も自分でつくるそんな方(^^

ROでOさんの友人から『Oさんの弟さんが急に死んだらしい。今日が通夜だよ』と聞きました。
わたしは弟さんと一度も面識がなく、電話で何度か話した程度ですが年も近くお友達になりたいと思っていた方だけに、とても悲しかったです。

この頃のわたしはとても心霊系や精神世界の道に傾倒しており、偶然を呼び寄せることが多々ありました。
具体例を挙げると
・「あの人どうしてるかなぁ」と思うとその人から連絡があったり、街中で出会ったり
・「元カノ元気だろうか」と思うと携帯電話変えて番号教えてないのに元カノから連絡きたり(もちろんロマンスはありませんw
・欲しいものがあると誰にも言ってないのに知人からもらえたり
そういうことがこの時期では当たり前でした。

弟さんの訃報を友人つてで聞き、とても残念に思いながら
「よし、できるかどうかわからないけど弟さんとお話をしよう!後悔やメッセージがあったら伝えたい」
と思い立ちました。この時は軽い気持ちで「できなくて当然。もしもできたらきっと役に立つ」と思いやってみました。

さてそのやり方は超カンタン。瞑想と同じです。
ベッドに横たわり深呼吸して気持ちを落ち着かせ体中の力を抜きリラックスさせる。何も考えず頭をカラッポにして体が軽くなったら「弟さんと会話したいなぁ」と気持ちを絞るだけ。
もちろん誰でもできるわけじゃないし、そっちの道を信じていなければできないと思います。

そして声がきこえました。

い・・・つ・・・つ
・・・いつ・・・つ


うめき声のような男の声・・・とても会話にならない。一方的で苦しいなにか訴えるように「い・・・つ・・・つ・・・」と繰り返す。

いつつ?5個?それともイスズさん?イシヅさん?
相手は答えてくれない。相手からは嫌な気配を感じませんがいつまでも同じ言葉を繰り返す。
段々弟さんであるか不安になり起きることにしました。

この声を聞いたのが昼だったのでOさんがROにログインする夜まで色々考えたのですが・・・
弟さんの声を聴こうとしたのだから間違いないと思いOさんに
弟さんにコンタクト取ろうと思ってやってみたんだけど、
い・・・つ・・・つってわかる?五つかも知れないし、イシヅさんやイズズさんかも知れない


と聞くとOさんは
それは間違いなく弟だね
と言い切った。
ん?
どういうことだ?とても要領を得ないうめき声なんだが・・・そう思っているとOさんは続けた

弟はね、殺されたんだよ。
盲腸で入院して手術したんだ・・・。
そりゃ痛いし、死ぬ人も昔はいたからそれで死んだならしょうがない。
だけど、
手術が終わってあと2・3日入院して終わりだったのに・・・
容態が変化してずっと・・・ずっと・・・苦しんで死んだ。
手術が終わって安静にしてたのに・・・
急に暴れだして、苦しみながら死んだ。最後まで苦しんだみたい・・・
ずっと痛い、痛いっって・・・

家族全員納得できないかと詳しい話を聞きに行って、今日わかったんだけど…
急に容態が変化したのが新薬のせいだって・・・
そんなの意味わからないから問い詰めたらこう言われたよ


新薬を打つという契約にご家族の方も了承されたじゃないですか?

そんなの家族も聞いてないし納得できるはずがない。
まして契約書に名前書いてあったけど親もそんなものにサインした記憶がないって!

前にもこの病院で同じような事件があって新聞にも載ったことがある。
だから絶対に訴える!


・・・
こんなハズじゃなかった。
もっと・・・こう、普通に言い残したことや普段思っても言えなかった感謝の言葉などを弟さんから聞きたかった。
弟さんの声を聞けたのはうれしかったけど・・・こんな死に方だって知らなかった。Oさん役に立ちたかったけど、そうじゃない火に油を注いでしまった。

もし、わたしが聞いた声が別の人物で恨みやつらみ、呪いの言葉、あるいは執念の一方的なものであったら?
たまたま近くの自縛霊のものであったなら?
遺跡に行き土地神や人身御供にされた方の怨霊にあったら?

きっとわたしは精神を壊されたでしょう。

うまくできれば未解決事件の手がかりになったり都市伝説の元となった事件や事実、あるいは真実の一端が見れるかも?
あるいはわたしの大好きな尾崎豊や歴史上の人物から今まで語られなかった歴史など知ることができるかも知れない
そう思えましたが・・・恐怖の方が勝りました。

わたしはこの事件があってから心霊から離れました。
毎日のようにあった怪奇現象も収まりました。
会いたいと思った友人から連絡が来ることもなくなりました。
今は幽霊を見たり感じたりすることもなく、神社やお寺・宗教団体のある場所も感じられなくなりました。

霊感の強い友人にもったいないと言われましたが・・・わたしは霊能者になりたいわけじゃないし、なれるとも思ってない。
この世界が偶然という名の必然であるとわたしの人生を通して証明したかったけど、こういう必然はわたしにはいらなかった・・・

弟さんのご冥福をお祈りします。願わくば向こうの世界で幸せでありますように。

駄文失礼しました。
スポンサーサイト
  1. 2013年08月16日 13:37 |
  2. 怪談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://fureiyanoairi.blog33.fc2.com/tb.php/787-3eebfc48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
PSO2ブログ巡回屋 にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。